Elasticserch ServiceにおけるCurator(Cron)起動について

Elasticsearch Serviceについて質問させて頂きます。

Deployment環境

  • AWS Asia Pacific(Tokyo)
  • I/O Optimized

質問事項
Curatorを導入し、cron起動を行いたいです。

Elasticserch ServiceにおけるCuratorの導入手順について教えてください。
Curator公式サイトを見てもわかりませんでした…

cron起動をするために、Elasticserch ServiceのOSに接続たいのですが、接続手順について教えてください。
例えばTeratermで接続する場合以下情報が必要になると思います。
この情報はどこを参照すれば良いでしょうか。

  • 接続先EC2のグローバルIPアドレス or ホスト名
  • ユーザ名(Amazon Linuxの場合デフォルトは ec2-user です)
  • 秘密鍵(デフォルトでは ****.pem という形式です)

初歩的な質問で恐縮ですが、分かる方がいらっしゃいましたらご回答をお願いいたします。

いま、Elasticsearch Serviceで動作するElasticsearchにはIndex Lifecycle Managementの機能があります。

https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/current/index-lifecycle-management.html

これを使うと、従来CuratorでやっていたようなIndexの削除などの運用が不要になるという理解です。

まずIndex Lifecycle Managementの機能を活用いただくのが良いのではないかと思います。

Elasticsearch Serviceに関する質問についてはElasticsearch ServiceのHelpから問い合わせてください。問い合わせに対応してくれます。
また、マネージドサービスなので、OSには接続できないです。クラウドのコンソールからのみ操作ができます。

ご回答頂きありがとうございます。

Index Lifecycle Managementの機能を活用いただくのが良いのではないかと思います
→この機能の活用を検討させて頂きます。

大変参考になりました。

ご回答頂きありがとうございます。

Elasticsearch Serviceに関する質問についてはElasticsearch ServiceのHelpから問い合わせてください。問い合わせに対応してくれます。
→承知しました。

また、マネージドサービスなので、OSには接続できないです。クラウドのコンソールからのみ操作ができます。
→OSに接続できるかを知りたかったので有意義な情報を頂き大変助かりました。