Kibanaのelasticsearchサーバ設定について


#1

kibanaサーバとは異なるelasticsearchサーバを使いたいと思っています。

192.168.0.100 サーバA(kibana_A, elasticsearch_A) 本番用
192.168.0.101 サーバB(kibana_B, elasticsearch_B) テスト用

kibana_Bのデータベースとして、elasticsearch_Aを使いたいと思っています。
そのために、kibana_Bの/etc/kibana/kibana.ymlを以下のように変更しました。
elasticsearch.url: "http://192.168.0.100
そうすると、確かにelasticsearch_Aを参照しに行くようになるのですが、
kibana_Bの設定も、kibana_Aの設定と同じになってしまいます。
(Visualizeの一覧が、kibana_Bの設定ではなく、kibana_Aの設定と同じになる)

kibanaは、kibana_Bの設定のままで、データベースはelasticsearch_Aを使うようなことはできないのでしょうか?

データベースは本番用を使用したいが、本番のkibana_Aの不用意な変更をしないようにするため、
kibanaは、kibana_B(テスト用)を使用したいのです。


(Shota Ito) #2

KibanaのDashbordやVisualizeデータはindexとして保存されています。
その保存index名はkibana.ymlのkibana.indexとして定義されているので、
テスト用は別の名称として保存すると良いかと思います :grinning:

vim /etc/kibana/kibana.yml
#kibana.index: ".kibana"
↓
kibana.index: ".kibana-test"

(Yu Watanabe) #3

@mikeda

案の一つとして、例えば kibana.index を_kibana_B_ で変更するのはいかがでしょうか?

つまり、
elasticsearch_A
Kibana_A -------> .kibana
Kibana_B -------> .kibana_1

kibana_B から elasticsearch_B へ検索にいくときは、ver 5.6 であればcross cluster search もしくは、tribe node を使用です。 tribe node はdeprecate される予定なのでご注意ください。


#4

ありがとうございます!
解決しました。


(system) #5

This topic was automatically closed 28 days after the last reply. New replies are no longer allowed.