Upgrade時の注意事項について


(Hiroshi Yamamoto) #1

最近触り始めた初心者です。

v6.3.0からv6.3.1にUpgradeする際に、何も考えずapt upgradeもしくはyum updateでインストールしたところ、うまくデータ移行がなされず再インストールすることとなってしまいました。

次回に活かしたいため、Upgrade時の注意点などありましたらご教授ください。
サービスは停止した状態でUpgradeしたほうがよいなど。

よろしくお願いします。


(Sunggyu Kei Rhie) #2

はじめましてー

私は2.xから6.xにVersionUpしながらいろいろ踏んでるので
6.3.0 → 6.3.1 に限定した話だとよくわからないですが、

2.x→6.xを簡単に言うと

・Mappingがそのまま使えない可能性が高い。相当変わってる
・_typeは廃止
・text/keywordの概念
・親子関係がある場合は_typeの廃止に伴い、同一indexの中で複数typeが指定できなくなったのでそれを吸収する必要がある
・Logstash/kibanaすべて一緒に上げなければ行けない
・Plugin系がまだ追いついてないものがあるのでタイミングよく見るべき(kuromoji-neologdとか)
・6.3では動いて6.3.1で動かないGAがある。Vegaとか。(ベータなので)

とかとかありました。

ご参考までにー


(Jun Ohtani) #3

アップグレードに関するドキュメントがありますのでまずはこちらをご覧いただくのがよいかと。
https://www.elastic.co/guide/en/elastic-stack/current/upgrading-elastic-stack.html


(Hiroshi Yamamoto) #4

有識者の皆様、リプライをありがとうございます。

・Mappingがそのまま使えない可能性が高い。相当変わってる
・_typeは廃止

こちらは踏んでしまっていますね。きっと。
まだ使い始めたばかりなので、自覚がないです。
ブログを参考にする際は、要注意でしょうか?

typeの代わりはtagなのでしょうか?

・text/keywordの概念

こちらについては、ピンときませんでした。
まとめられているサイトなどあればご教授いただきたく。


(Makoto Nozawa) #5

_typeの代わりは特にないと思います。
強いて言えばindexを別に用意する、とかでしょうか。

keyword/textは公式ドキュメントが一番ですね。
文字列データのうちanalyzeがいらないものはkeyword、いるものはtextです。
https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/current/keyword.html


(Jun Ohtani) #6

_typeに関してはこちらに記載が。
https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/6.3/removal-of-types.html#_alternatives_to_mapping_types


(Hiroshi Yamamoto) #7

mnozawaさん、johtaniさん、ご回答ありがとうございました。:grinning:
確認していきます。

ところで、本日v6.3.2がリリースされていますね。
別スレッドで質問しておりました。fileに追記されるログがelasticsearch上で確認できない点など改善されました。コンフィグは変更していないので、何か他に要因があったのかな?と勝手に思っています。

質問は以上でクローズとさせていただきます。
まだ使い始めたばかりなので、また本サイトに投稿するかと思いますが、よろしくお願いします。


#8

私も初心者ですが、私がアップグレードする時は下記のページ見てやってます。

1.公式ドキュメントのアップグレード手順について書かれたページ
Upgrading the Elastic Stack | Elastic Stack [6.3] | Elastic
https://www.elastic.co/guide/en/elastic-stack/current/upgrading-elastic-stack.html

2.自身の構成を入力することで、適切なアップグレード手順がわかるページ。
Elastic Stack 6.0 Upgrade Guide | Elastic
https://www.elastic.co/products/upgrade_guide

3.Elasticsearchのマイナーアップグレード手順 (Elasticsearchのマイナーアップグレード[v6.3.0→v6.3.1]ならこの1ページで事足りるはず。)
https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/6.3/rolling-upgrades.html

次回に活かしたいため、Upgrade時の注意点などありましたらご教授ください。
サービスは停止した状態でUpgradeしたほうがよいなど。
アップグレードドキュメントにも書かれているように、更新時にはシステム(ノード)の一部/全部を停止する必要があります。
データが破損しないように機能(シャード割り当て・インデックス作成)やノードを止めてから更新すれば、v6.3.0→v6.3.1のマイナーアップグレードならデータは壊れないと思います。


(Hiroshi Yamamoto) #9

muraki さま

ご回答ありがとうございます。
しっかり読んでみます。
ご指摘にもありましたが、サービスを停止した上でUpgradeしましたら、うまくいきました。
(V6.3.1=>V6.3.2)


(system) closed #10

This topic was automatically closed 28 days after the last reply. New replies are no longer allowed.