Kibanaで9時間ずれて表示される現象について


#1

json形式のデータをelasticsearchへ登録し、kibanaで確認すると9時間時刻がずれます。(登録したデータより+9時間)
回避・修正方法を教えて下さい。

■環境
・Windows Server 2016
・kibana 6.4.2
・elasticsearch 6.4.2


(tsgkdt) #2

こんにちわ。

KibanaのIndex ManagementのAdvanced Settingの下記のところを確認してみてください。

9時間プラスされている、とのことなのでおそらくここの部分が

  • Browser (日本語環境で動かしていると想定)
  • Asia/Tokyo

などになっているのではないでしょうか?

入っているデータが UTCとして扱われるため、日本時刻に直そうとするとき、+9時間されると思います。

なので、回避方法としては、こんな感じではないでしょうか。

  1. データを投入するときに、タイムゾーンを指定したフォーマットで投入しておく
  2. すべてJSTのデータしか入らない、という前提とし、Kibana側で+9時間足さないように設定する(上記の画像のとこでEtc/UTCなどにする)

タイムゾーン指定する例

PUT forum1129/doc/1
{
  "timestamp": "2018-11-29T00:00:00+0900",
  "value": 1
}

JSON作成時に9時間引いてUTCで出せる、ということであればその方法でも良いかもしれません。

ご参考

https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/current/date.html

Internally, dates are converted to UTC (if the time-zone is specified) and stored as a long number representing milliseconds-since-the-epoch.